So-net無料ブログ作成

南洋幻想ーボホールの密林 [旅]

その日、フィリピンボホール島でのスケジュールは
ひとつ ロボック川の川下り
ふたつ ターシャに出会う
みっつ チョコレートヒルズを見る

ターシャというのは世界最小のメガネザルで
体調およそ10センチ てのひらに乗ってしまう小さな小さなサルです。
夜行性で昼間はじーっと動かないらしい。
保護センターの林に数匹が自然の状態で飼われていて
係員がターシャの潜んでいる木の下に連れて行ってくれる。
「ターシャはとてもデリケートな動物です。
 絶対に触らないで。フラッシュもたかないでください。
 驚かせたり怖がらせるとストレスで自殺してしまいます。」

そ、そんな気の毒な。
つぎつぎと訪れる環境客は
「えーどこどこ あーいたいた きゃーちいさい!」
とひっきりなしに彼らを覗き込んで
全員スマホでパシャパシャやっていくのですよ。
いくら観光の目玉(ダジャレ)とはいえ
過酷な労働環境ではありませんか。

IMG_20170318_132611.jpg
大きな目玉は昼間はなにも見えないんだって。
目玉を動かすことができないので首が180度回るんだって。
IMG_20170318_133000.jpg
怖いよう・・・

ボホール島のジャングルには何千匹と生息するという。

[クリスマス]密林は目玉の猿を抱きけり[クリスマス]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。